ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

パリで出産

c0162882_348541.jpg
10月3日、13時11分、37週で2450gとちょっと小さめですが、元気な女の子を出産しました。
初産なのに、超がつくほどの安産。
無事に産まれてよかったです。
対面したときはなんだか感動して、涙がでてしまいました。




・・・って、
誰の子やねん!

というツッコミが聞こえてきそうですが、残念ながら少なくとも私の子ではありません~。
って産んだその日にバレエ鑑賞とかありえないしね。日本から友人も遊びに来てるし。
そもそも相手が(略

この夏、セーヌ川ピクニックで知り合ったS子さんが出産されたので先日お見舞いに。
話し聞くと、陣痛も2分間間隔になるまで痛みあんまりなかったらしいし、こっちは無痛分娩なので本当に痛みなく出産したらしい。いきみとかで体力消耗しなかったみたいだし、無痛分娩いいよなあ。

先月末からS子さんの家の壁工事してて、工事の人がいる間は家にいないといけないらしく、気晴らしにケーキ作ったので遊びに来てといわれ、伺ったのが2日のこと。
普通にお茶して、夕方帰る前に近くの韓国食材の店でお米とか買って帰る間際、「そういえば破水ってさ~」という話になりちょっと出血しているけど大丈夫?と聞かれました。
前日に内診あったらしいし、他に症状ないらしい今の所は大丈夫では?出血が多いなら心配だけどみたいに話してて、帰りの電車の中で「もしかして、おしるしかなあ~?」とかのん気に考えてたらその日の夜に「やっぱり破水で入院になった」というメールが。
初産だし、産まれるのは日曜日かしらとかって思ってたら、土曜日に「産まれました」メールが。早すぎです。

で、会ったら2日前にはお腹の中にいたのに~と思うと感動して涙がでました。
人が一人産まれるのって、本当に不思議で神秘的なことだよねえ。
日仏の出産事情の違いとかってのも聞かせてもらって参考になりました。
新生児の反射とか遠い昔に学校で習ったな~とか思い出すのに必死だったけど。

そういえば、こっちがお腹の中にいるときから「お腹にいる時の名前」を付けれるらしくて、それをミドルネームに登録されてました。そういうのは素敵だなあ。
Sちゃん、スクスク元気に育ちますように☆
S子さんも、新米ママさん頑張って!上の子(ルティちゃん)もいるから大変そうだけどね。



これは作ってくれたチーズケーキです。おいしかった~。
c0162882_3491920.jpg



で、反省。
いくら産科が専門ではなかったとはいえ、異常に気づく観察眼が衰えすぎ・・。もっとツッコんで聞けよという。
やっぱりこういうカンみたいなのって、日々の業務とかで養われてるんだなあと改めて実感。臨床離れて1年半は大きいか・・。
今、患者さんがこういう症状を訴えてて、どういう状態にいるから何が必要とかってすぐに動けるだろうか。
血圧測ったり、瞳孔チェックしたり、意識レベル確認したり・・。
帰ったら勉強することが多すぎるなあ。ブランクありすぎて、ナース復帰できるか不安・・。
[PR]
by remisara | 2009-10-08 04:24 | パリ生活