ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

10/22 『Joyaux』*パリオペラ座バレエ

昨日21日が初日の『ジュエルズ』に行って来ました。

モダンバレエのバランシン作。
踊りから物語とか意味を排除し、動きの美しさのみで構成。
ダンサーが宝石を身に着けているのではなく、ダンサー自身が宝石のようにみせている作品らしいです。
抜粋の映像とかは見た事あるけど、全幕はなかったので楽しみでした。

本当は昨日も見る予定がチケット予定外で取れず。前日戻り券もなかったみたいで、本当に難しかったみたい。デフィレつきだったから・・?
(窓口のお兄さんに「22日ならあるよ~」って言われて、22日は持ってるんよ~!っていうかんじ)

まあ帰国荷物と格闘してたのもあるし、今日のキャストが初日と同じだったのでいいかな~って。



c0162882_9375857.jpg

*『Emeraudes/ エメラルド』
・1er pas de deux : Pujol 、Ganio
・2ème pas de deux : Osta 、Pech
・Pas de trois : Hurel 、Zusperreguy、Carbone

フランスのフォーレの曲を使った、フランスをイメージした作品。
エレガンス、ファッション、 香水らしい。

衣装が女性上は濃いグリーンのベルベットに薄い緑系グラデーションのロマンチックチュチュ。結晶のような緑の石をはめたティアラ。
男性は上は同じく濃いグリーンのベルベットに白タイツ。


c0162882_9384043.jpg


音楽がフォーレのゆったりした音楽で踊りは所々古典的な演目のよう。
特に女性がロマンチックチュチュなので妖精みたいで美しい。
けどやっぱりちょっと退屈かも・・。
第一PDDのマチューとパドトロアのカルボネがよかった。
あれペッシュ?いたっけ・・?



c0162882_939522.jpg

*『Rubis/ ルビー』
・Dupont 、Heymann
・Gillot

キャバレー風でアメリカをイメージ。
ロシア人だけど、アメリカで活躍してたストラヴィンスキーの曲、『ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ』のためメインのピアノがいてました。
曲がなんだかテンポが速いし、ジャズっぽいかんじ。
このルビーは単独で上演されるのも納得で、一番楽しめた。
衣装が女性は上はビスチェで下は大きなフリルのミニスカートで真紅のもの。花?蝶?みたいな小さめティアラ。
男性は前面が幾何学模様の真紅のビロード長袖に白タイツ。

女王様ジロが4人の男達にかしずかれてたり、ソロ2人が足絡めたりという振り付けでセクシーで非常にコケティッシュな印象。

ジロの圧倒的な存在感は幕あいても目立つ目立つ。手足が長いので、踊ってると「ブンブン」という印象がするけど。
ただ上半身、肩とか上腕中でも背中が「お前ボディビルでもやってるの?!」というくらいえらく筋肉隆々が目立ってて(ジゼルのときはそんなに気にならなかったけど・・)、
来日の『シンデレラ』大丈夫か?と余計な心配してしまった・・(ヌレエフ版は強い女なのでいけるのか?)


c0162882_9393392.jpg

ソロ2人のテンポが早いし、テクニックもいるし切れ目なく動くので大変そう。
普通に走ってるみたいな所とかあるし。古典と違って、どっちかというと女性側がリードしている印象なので、最初考えてたよりーレリ、マチアスは合っててよかった。
ただオーレリの回転止めそうになってたりするので、サポートもうすこし頑張れと思ってしまった。

本当にオーレリ、ジロ、マチアスの輝きとテクニックはピカイチで素晴らしかった。


c0162882_9401281.jpg

*『Diammants/ ダイヤモンド』
・Letestu、Martinez

ロシアをイメージした作品。
ロシアの作曲家チャイコフスキー作『交響曲第3番ポーランド』を使用。

衣装女性は真っ白なクラシック・チュチュで金糸銀糸で煌びやかに刺繍。
男性ベストだけ金糸銀糸で刺繍されたベルベットのものに、白のシャツに白タイツ。


ロシアバレエのイメージそのままコールドの前でお姫様、王子様がPDDするかんじ。
所々『白鳥の湖』みたいな振りがはいってました。
ソロの2人が本当にキラッキラのダイヤモンドや~というくらい輝いてました。
アニエスとジョゼの踊りが素晴らしくてうっとり。特にジョゼの踊りが優雅で柔らかく美しい!
ソロ以外に4組のカップル、コールドが最後同時に踊る姿は圧巻で、最後を飾るに相応しい作品。


c0162882_9404228.jpg


バランシン作品って、難しいパが切れ目なく流れるように振付けられてるからうっかり忘れそうだけど、かなり高度なテクニックないと踊れないものばかりなんだな・・。
ただ私はストーリーのあるバレエのほうが好きなので、あんまり高度な技を見せられても
「わ~すご~」だけで終わりそうなので、ジュエルズはそんな回数なくてもいいかなあという感じです。


そして出待ちしてみましたが、1幕エメラルド、ルビー要員はさっさと帰ってて2幕のダイヤモンド出演しか残ってなくて残念。
しかしルビーのマチアスがなぜか残ってた。
来日で2月にジゼル、4月にエトワールガラに来るそう。
なんでか「アリガトゴザイマス」とか「コンバンハ」とか日本語喋ってくれた。
誰に教わったんだろう・・。

        
[PR]
by remisara | 2009-10-23 09:45 | バレエ鑑賞