ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

和邸宅でランチ@杉幸園

c0162882_1391224.jpg
お花のお稽古の日でしたが、レッスンはお休みで先生以下3人で奈良までランチに。

志賀直哉旧邸横にある、『杉幸園』に。
1日限定6組ランチだそうです。

奈良の情報雑誌、『narannto/ナラント』に掲載されたお店です。
c0162882_0524894.jpg




c0162882_0222262.jpg
上の写真は甘味処で、食事は向かいの違う建物で。

向かいのお庭入ったところ。
白梅が咲いてました。
c0162882_0223450.jpg
通された個室は窓から若草山が一望。
新緑や山焼きの時とか綺麗だろうな~。

c0162882_0224196.jpg
テーブル上には小鍋と取り皿などがセッティング。

c0162882_0224826.jpg
あけたらビーフンのピリ辛小鍋でした。

c0162882_0331120.jpg

一番最初のお料理。
左上から、
・おからの中華風(ひじきと水菜入り)
・自家製胡麻豆腐(なめ茸添え)
・生姜のゼリー
・梅の白玉団子に胡麻餡添え、おひたし

おからが結構普通のと違ってて美味しかった。
白玉団子の下の胡麻餡は、思ってたのと違い甘かった。

c0162882_0225728.jpg
海老シュウマイ。
中華風あんかけで。

c0162882_023320.jpg
揚げ物4種。
海老、ジャガイモのつぶした団子、椎茸、なすび。

さっくさくで美味しかったですが、油切りが甘かったのかかんだら油がボタボタ落ちてきたのがかなり驚いた。

c0162882_0231048.jpg
ラストの膳。
・梅と柴漬けのおこわ
・筍の黒胡麻白胡麻まぶし
・カレースープ(なんでだ・・?)
・ブロッコリーの柴漬けソース
・春菊のクレープ、岩のり添え
・お吸い物

本当になんでここでカレースープにするのか意味がわからん・・。
これが合わなくて残念。
おこわもめっちゃ柔らかすぎて・・。う~ん・・。


気を取り直して、デザートは向かいの甘味処に移動。
c0162882_023241.jpg
一番奥のお座敷で。
日差しが入っててのんびり出来ます。

c0162882_0233286.jpg
デザートプレート。
めっちゃ一杯!
奥から、
・イチゴのアイス、ベリー酢添え、カスタードフルーツミルフィーユのせ
・抹茶のプリン、葛餅、ミニケーキ、チェリーのチョコがけ
・ケーキ(何味が忘れた・・)イチゴのムース添え

c0162882_0234176.jpg
葛餅が中が桜餡でうまい~。
飲み物、コーヒーや紅茶、煎茶、抹茶などから選べます。

c0162882_0235569.jpg
甘味処にあったメニュー①。
甘味処が主で、セットなど。
なぜかカレードリアも。

c0162882_024296.jpg
メニュー②。
お食事処が主に。
茶席も予約したらできるそうです。





ロケーションは素晴らしく、料理も一部を除いてまあ美味しかったですが、
何が凄いって、インテリアが煩雑としてるというかカオス過ぎる・・!

田舎の成金?風で、とにかく置きました!みたいで統一性がなさ過ぎます。
田舎の民宿というか、親戚の家というか・・。
驚きのあまり写真を撮るのを忘れて、お見せできないのが残念です。
庭の変な銅像(銅製の犬や噴水なんかが)や、入ってすぐ大量に置かれているかばん(販売している)が旧宅にあわなすぎてがっかり・・。
雑誌はものすごくおしゃれに撮られてたせいで「眺め絶品贅沢ランチ」というあおりもあって期待しすぎたのが敗因か・・。


[杉幸園/サンコウエン]

住所/ 奈良県奈良市高畑町1236
(志賀直哉旧居隣)
近鉄奈良駅より徒歩30分
奈良駅発の巡回バス 石破バス停より徒歩5分
TEL/ 0742-27-6636
時間/
[甘味処]11:00~夕暮れまで
[お食事処]11:30~夕暮れまで

休/年中無休
Pあり

[PR]
by remisara | 2011-03-03 23:38 | ご飯(お外)