ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『回転銀河』5巻

海野つなみんさんのライフワーク的作品、『回転銀河』5巻読みました。これもだいぶ前に出てたけど忘れてた・・。オムニバス形式で、主役の友人が次の話で主役、といったかんじに登場人物がイロイロ交差してて好きです。個々のストーリーがイイ。絵もあっさりで好きやけど、『後宮』は正直書き分けがわからんで苦労しましたが。

今回収録は
・手芸部部長目線での双子+和倉ちゃん
・双子と和倉ちゃん
・『デイジーラック』から貴弘目線バージョン+ミチル
・双子+ウザ転校生松崎

当分和倉ちゃんと双子兄の話が続きそう。まあ決着するのはいいねんけど。そろそろ衿子と弟・ハルのドロドロ話が読みたいなあ。



注*ネタバレあります。

・私の一日/手芸部部長目線での双子+和倉ちゃん
地味だけど人気のある部長。一人で地味にやってた手芸部に和倉ちゃんが入部してきてくれてうれしい事、双子兄が和倉ちゃんにつられて部にきている秘密を一人ニマニマしている部長がかわいい。でもあんなに自分をダサいだの地味だの卑下しなくても・・。

・悪魔に魅入られし娘/双子と和倉ちゃん
和倉ちゃんのラブの目をあっさり摘んだ双子兄・優。兄ちょっとずつ和倉ちゃん意識しだしてます。自分を好きになるようにどう仕向けるかは6巻で決着つくみたい。4巻でくっついた弟・賢とあきこさんが仲良く続いていてよかった。あきこさんの容色が衰えたときはあっさり捨てそうでいやだけど。それにしても友人・彼女を選ぶのに、顔とか自分たちに比べて見劣るからダメとか何様だ。イマイチこの双子の凄さっていうか、あんだけ好き勝手しているのに人気があるところの説得力がないかんじ。裏から手を回して市議に出馬とか4話目の松崎を転校させた手口なんかは変な権力があっていいねんけどなあ。

・クロニクル/『デイジーラック』から貴大目線バージョン+ミチル
これデイジーラック読んでない人にはイマイチ分からんのでは・・?4巻の少年人魚の続きも思ったけど。デイジー~は仲良しアラサー4人組の日常を、これもまたオムニバス形式で書いた作品でこれも好き。子供のときに仲良くて大人になっても続くっていいなあ。貴大がミチルをアニキって慕ってた理由も判明。ミチルって小学生のときから男気あったのね。それにして貴大の高校生時代チャラすぎやわ。

・最後の日/双子+ウザ転校生松崎
双子存在に惹かれて、一生懸命に近づこうとした哀れな転校生・松崎。芸能人でも有名人でも、自分が好きな人の持ってる物とかメイクとか確かに気になって実践するところはあるけどなあ。彼の場合は行き過ぎたというか、自分が凄いと過大解釈しすぎた所が大きいと思う。同じような格好したら、入れてもらえる仲間にしてもらえる。そしたら自分も彼らみたいに注目されるっていう単純な図式にもう夢中。いきなり自分の真似した人が「よろしく」とかいわれて一方的に馴れ馴れしくしてきても引くやろ。まさしく自分の中だけ都合のいい話を作るストーカー。遠足の班で松崎がいれて~て言うてみんなが「出た・・」と思ったところが面白かった。みんなもウザかったのね。次の転校先ではもう少し空気が読める奴になるといいのにね。
回転銀河 5 (5) (講談社コミックスキス)
海野 つなみ / / 講談社
スコア選択:
[PR]
by remisara | 2008-10-10 17:20 | マンガ