ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー

2009年 10月 24日 ( 2 )

パリからタリス(ベルギーの高速列車。新幹線みたいなもの)で1時間半でいける国、ベルギー。
何回か行く機会があったけど、結局話が潰れてそのままに・・。帰国前に行ってきたい場所のひとつでもありました。

今日は頑張って一日フリーの日を作れたので「よっし!ベルギー行けるやん」という事でチケット買いにいったのですが、往復で140ユーロくらいかかるって・・。前日発行だから高いとは思ってたけど、ここまでとは・・!
行きは朝一、帰りはラストのタリスでも130ユーロくらいかかるとのこと。
夏ならまだしも、今の時期朝は8時半でも暗いし、夜は19時前には暗くなるという日照時間の短い季節でそれはなあ・・。
で、向こうでの食事代とかお土産買ったりとかしてたら結局200ユーロは超えるわけやん?それやったらパリの行ってない所行ってそのお金はちょっとしたお土産買えるわ・・という事に気づく。

なのでベルギーは諦めました。また次回に持ち越しで。

続きを読む
[PR]
by remisara | 2009-10-24 09:10 | パリ生活
『ジュエルズ』のランコントレは、舞台リハではなくトークのみ。
なので場所もAmphitheatreバスティーユではなくStudioバスティーユ。

窓口のお兄さんに「ランコントレのチケットください」といっても「ないよ」って言われたわけだ・・。(売り切れだと思ってた・・)
スタディオバスティーユならチケットいらないし。
毎週木曜スタディオバスティーユでやってた無料のコンサートや講演会『Casse-Croute』から『MUSIQUE DE CHAMBRE』に名前変更してたから見落としてた・・。
c0162882_8224726.jpg

出演者はブリジット・ルフェーブルギレーヌ・テスマ(だと思う・・)、レティシア・プジョル
最初レティシア出てきたとき、「あれ?コゼット?」とか思ってしまった・・。
レティシアとコゼットって顔似てない・・?それを言ったらレティシアとムッサンも似てると思う。この3人は小顔で、目と目の間隔が近くてパーツも似てると思うねんけど。
『ジゼル』謎の降板のレティシア(地方公演の『ジュエルズ』は出てたのに・・)は元気にパリでジュエルズ出れるとの事でよかった。

3人でというか、主にギレーヌがバランシンバレエのこととか、『ジュエルズ』はエメラルドがフランス、ルビーがアメリカ、ダイアモンドがロシアをイメージしてて~とかの話をしてくれました。
途中レティシアが自身が宝石になったイメージで腕とか動かすパフォーマンスしてくれました。間近で見るとなんて美しいボールドブラ・・!

しっかしこの話だけオンリー講演会は本当にフラ語堪能ではないと、楽しめそうにないよなあ。
途中からまた妄想劇場開幕してました。
[PR]
by remisara | 2009-10-24 08:38 | 舞台鑑賞