ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:舞台鑑賞( 12 )

c0162882_23344267.jpg
兵芸で毎年している佐渡裕プロデュースのオペラ、今年はプッチーニの『トスカ』でした。
初の生・佐渡!

キャストが日本人だけとそれ以外の日替わりダブルキャストで、それ以外が今日が最終日。
両方見たかったけど、さすがにチケ代が・・。
(といいつつ、帰りにマリインスキーとかチケット買ってもーたけど・・)

本日のキャスト
・トスカ/スヴェトラ・ヴァシレヴァ
・カラヴァドッシ/ティアゴ・アランカム
・スカルピア男爵/グリア・グリムズレイ
・アンジェロッティ/キュウ・ウォン・ハン
・スポレッタ/成田勝美
・堂守/志村文彦
・シャルローネ/ジョン・ハオ
・看守/大山大輔

指揮/佐渡裕
演出/ダニエレ・アバド


More
[PR]
by remisara | 2012-07-27 23:33 | 舞台鑑賞

文楽を見に行く

c0162882_0532058.jpg
文楽なるものに、初めて行きました。
(今まで難波行く時に日本橋で「国立文楽劇場」があることを知ってたけど)
行けなくなったという方からチケットをいただいたので。
夏休みの特別公演で、第二部の名作劇場『絵本太功記』に。
内容は二条城配膳の段/千本通光秀の段/妙心寺の段/夕顔棚の段/尼ケ崎の段
明智光秀ならぬ、武智光秀による『太功記』。
(豊臣秀吉の『太閤記』をもじってます)


しかしまず、文楽とはなんぞや・・という段階。

早速wikiってみる。
文楽とは・・一般に日本の伝統芸能である人形劇の人形浄瑠璃を指す代名詞的存在である。
浄瑠璃語りの大夫(たゆう)、三味線、3人掛かりで動かす人形遣いの「三業(さんぎょう)」で成り立つ三位一体の演芸

だそうです。

↓わかりやすい動画が。


More
[PR]
by remisara | 2011-08-08 23:51 | 舞台鑑賞
c0162882_9443433.jpgバスティーユでオペラ鑑賞。

演目はドニゼッティの喜劇、『愛の妙薬』です。
この演目はこのシーズン今日でラストでした。

14時半から開演のマチネです。
2emバルコンの真ん中席だったので、大変見やすかったです(その代わり高かったけど・・)。



↓本日のキャスト 
・Adina アディーナ(S)/ Tatiana Lisnic
・Nemorino ネモリーノ(T)/ Charles Castronovo
・Belcore ベルコーレ(B)/ George Petean
・Dottor Dulcamara Dr.ドゥルカマーラ(Bs)/ Paolo Gavanelli
・Giannetta ジャンネッタ(S)/ Jaël Azzaretti

More
[PR]
by remisara | 2009-10-26 09:49 | 舞台鑑賞
『ジュエルズ』のランコントレは、舞台リハではなくトークのみ。
なので場所もAmphitheatreバスティーユではなくStudioバスティーユ。

窓口のお兄さんに「ランコントレのチケットください」といっても「ないよ」って言われたわけだ・・。(売り切れだと思ってた・・)
スタディオバスティーユならチケットいらないし。
毎週木曜スタディオバスティーユでやってた無料のコンサートや講演会『Casse-Croute』から『MUSIQUE DE CHAMBRE』に名前変更してたから見落としてた・・。
c0162882_8224726.jpg

出演者はブリジット・ルフェーブルギレーヌ・テスマ(だと思う・・)、レティシア・プジョル
最初レティシア出てきたとき、「あれ?コゼット?」とか思ってしまった・・。
レティシアとコゼットって顔似てない・・?それを言ったらレティシアとムッサンも似てると思う。この3人は小顔で、目と目の間隔が近くてパーツも似てると思うねんけど。
『ジゼル』謎の降板のレティシア(地方公演の『ジュエルズ』は出てたのに・・)は元気にパリでジュエルズ出れるとの事でよかった。

3人でというか、主にギレーヌがバランシンバレエのこととか、『ジュエルズ』はエメラルドがフランス、ルビーがアメリカ、ダイアモンドがロシアをイメージしてて~とかの話をしてくれました。
途中レティシアが自身が宝石になったイメージで腕とか動かすパフォーマンスしてくれました。間近で見るとなんて美しいボールドブラ・・!

しっかしこの話だけオンリー講演会は本当にフラ語堪能ではないと、楽しめそうにないよなあ。
途中からまた妄想劇場開幕してました。
[PR]
by remisara | 2009-10-24 08:38 | 舞台鑑賞
今日はバスティーユでオペラ鑑賞。
演目はロッシーニの『セビリアの理髪師』!
喜劇で楽しいので好きな演目です。

ようやく2ヶ月振りに、オペラ座通いのスタートです。

↓本日のキャスト
・Antonino Siragusa/ Il Conte d’Almaviva アルマヴィーヴァ伯爵(テノール)
・Alberto Rinaldi/ Bartolo バルトロ(医師) (バス)
・Karine Deshayes/ Rosina ロジーナ(バルトロの姪) (メゾソプラノ)
・George Petean/ Figaro フィガロ(理髪師) (バリトン)
・Paata Burchuladze/ Basilio バジリオ(音楽教師) (バス)
・Aimery Lefèvre/ Fiorello フィオレッロ(伯爵の召使) (バリトン)
・Jeannette Fischer/ Berta ベルタ(バルトロ家の女中) (ソプラノ)

続きを読む
[PR]
by remisara | 2009-09-22 08:11 | 舞台鑑賞
c0162882_6292024.jpg今日はバスティーユでオペラ鑑賞。演目は20日プルミエの『トスカ』。
オペラは久々だったので奮発してカテゴリー4にアップ!(それでも74€)

それにしても、パリオペのオペラはどうしてあんな微妙なセットばっかりなんでしょうか・・?

↓本日のキャスト
・Floria Tosca/ Adina Nitescu
・Mario Cavaradossi/ Aleksandrs Antonenko
・Scarpia/ James Morris
・Cesare Angelotti/ Wojtek Smilek
・Spoletta/ Christian Jean
・Il Sagrestano/ Matteo Peirone
・Sciarrone/ Yuri Kissin
・Un Carceriere/ Christian Tréguier

続きを読む
[PR]
by remisara | 2009-05-23 07:18 | 舞台鑑賞
c0162882_7434516.jpg今日は、パリではじめてオペラ鑑賞に行ってきました。演目は『仮面舞踏会』。といっても先シーズン浅田真央ちゃんがフリーで踊ってた曲じゃなく、ヴェルディです。
たまにはオペラもいいもんだ。たまたまチケットを譲ってもらえてラッキーでした。

しかしいつもの癖で、うっかりガルニエに行きそうに。
今日はバスティーユなんだよ~!

全3幕6場、1,2幕が1時間半、休憩30分、3幕55分の計2時間55分!
席が2階の上手ブロック中央寄り(T-10-24)の見やすいお席でした。

↓本日のキャスト
Riccardo /Ramon Vargas
Renato /Ludovic Tézier
Amelia /Angela Brown
Ulrica /Elena Manistina
Oscar /Anna Christy
Silvano /Etienne Dupuis
Sam Michail /Schelomianski
Tom /Scott Wilde

続きを読む
[PR]
by remisara | 2009-05-10 07:42 | 舞台鑑賞
本日はバスティーユでやってる無料の演奏会、Casse-Crouteに行って来ました。
だって今日はマニュエル・ルグリの講演会だも~ん。
そのために、バイトも代わってもらいましたよ。

・・とウキウキ気分で行ったら、入り口に、

[Le casse-croute "A la rencontre de Manuel Legris, danseur Etoile" du jeudi 23 avril est annule]
という内容の張り紙が・・・・。

??・・・!!
(annule=中止の意味)

ノ~ン!ルグリ~!! (心の中で大絶叫)

家に帰ってオペラ座のホームページみたら、しっかり中止のお知らせ出てました・・。

多分、こういう内容↓を目の前でしてくれたかと思うと非常にくやしいです。2ヶ月前から楽しみにしていたのに・・。
テレビでやっていたインタビュー&舞台映像です。

というか、明日の舞台大丈夫だよね?見に行くんですけど。
降板や交代とかだけがやめて欲しいと切に祈ってます・・。
[PR]
by remisara | 2009-04-24 04:35 | 舞台鑑賞
c0162882_63427100.jpg木曜日は恒例のカスクルートに。
しかし、本日はオペラ『マクベス』の舞台装置の裏側を、技術主任と美術監督の2人が話するという非常に地味な演目のため、普段の1/2~2/3といった入り具合でちと寂しげ。
この「舞台は~こんなかんじで」とか「ここに工夫して~」とか実際の舞台のセットと作ってるところの写真を見せてくれました。が、この舞台セット、かな~り地味!あんまり見たいなあと思えるセットではなく残念。前衛的すぎるのか?

後半はまた観客の質問受けて回答形式だったけど、こっちのおばあちゃんはみんな元気で、マイク回ってないのにしゃべりだし。しかし演奏と違って100%フラ語は難しい・・。相変わらず途中から脳内妄想の時間でした。来週からはバイトなので行けないのが悲しい・・。
[PR]
by remisara | 2009-03-27 06:30 | 舞台鑑賞
木曜日午後は恒例の無料コンサートに。
早く着きすぎたのでバスティーユ地下のFNACブラブラしてたら5分前!で、慌てて行ったら入り口で止められて、座れる人数チェックしてるのでちょいと待てとの事。なんとか座れたけど焦った・・。
本日の演目は『Quatour avec saxophone
4重奏だけど、メインのサックスとフルート、ピアノにパーカッションという組み合わせでした。
↓曲目
・Libre parcours/Jacques Casterede(サックス、パーカッション)
・Contact/Bernard de Vienne(フルート、ビブラーフォン)
・L'Etoile inconnue/Armando Ghidoni(フルート、サックス、ピアノ)
・Flumina/FelixIdarrondo(フルート、ピアノ、パーカッション)
・Quatuor/Francine Aubin(フルート、サックス、ピアノ、パーカッション)

すべて現代曲。1曲終わるごとに後ろ4曲はおっちゃんが客席から舞台に上がってビスしたりしててどうやら作曲者だった模様。ピアノの男の人がひょろいのび太君みたいやのにすっごく上手で、「ソロでやってくれ~」とずっと思ってた。対するフルートの女の人が4曲も演奏したのにイマイチで残念。曲も超難解なもんばっかりだったからか?主役のサックスあんまり目立ってなかったような・・。

特に最後の曲がよくて、「ビーズ!」コールが起こったけどさすがにアンコールはなし(無料だしねえ)。
出てきてもう1回あいさつして終了。

来週は適度な余裕もって行くようにしなければ・・!
[PR]
by remisara | 2009-03-13 05:49 | 舞台鑑賞