ショッピング・バレエ鑑賞・マンガ・旅行など、自分の趣味・行動ダラダラ日記


by remisara
カレンダー

<   2008年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

パリ・オペラ座の中

c0162882_557521.jpgついでなので、オペラ座の中も入れときます。次はバルコニーなんか座ることないかもしれないので・・。
写真では暗いですが、もうちょっと明るいです。華やかで、「今からバレエ(orオペラ)を見るんだ~」と気分が盛り上がること請け合いのロビー。
ここでみんなで「マスカレ~ド」とかって歌うのね。(それはミュージカルや・・)

c0162882_5595952.jpg今回はサイトのチケット譲渡で譲ってもらった席で。扉に番号がかかれてます。ちなみにこの扉、外からは係りの人に開けてもらわないと開きません。ノブがないので。中側にはちゃんと付いてます。
↓入るとコート掛けと鏡と小さなソファのある小部屋。奥が席で、舞台に向かって6個椅子があります。かなり奥まってるので、奥の席の人は見にくいと思う。赤のビロードで高級感あふれてます。

c0162882_631534.jpg
c0162882_632929.jpg


c0162882_634393.jpg
c0162882_63572.jpg

サロンと天井。どうしても暗くなってしまって不満・・。フラッシュが届かないのよね。

c0162882_642585.jpg
有名なシャガールの天井画。よくこんな大きなもの描いたなあ。
素晴らしい色彩です。

ヘタクソなプリマドンナがいたら、落ちてくるシャンデリアもありました。
[PR]
by remisara | 2008-12-31 06:14 | 美術館・博物館
c0162882_4582097.jpg
初オペラ座でバレエ鑑賞行ってきました~。
夜のガルニエはライトアップされていて非常にキレイ。
ライモンダはバリエーションなんかを映像で見たことはあるけど、全幕は見てませんでした。
一応話の流れなんかは把握していたけど、なにしろヌレエフ版どうなることやら・・。

主要キャストは以下のとおり。(配役表をもらうの忘れてたので手元にない・・)
RAYMONDA/ Emilie Cozette       
JEAN DE BRIENNE/ Karl Paquette
ABDERAM/ Yann Bridard          
HENRIETTE/ Myriam Ouldbraham                            
BERNARD/ Gil Isoart
CLEMENCE/ Nolwenn Daniel
BERANGER/ Simon Valastro

幕があがると、ウエディングドレスをみんなで縫い縫い。衣装はみんな豪華ですごいのだけど、背景とか美術は手抜きな感じ・・。もうちょっとお金かけてえなと思ってしまった。

しかしコールドがすごい!と思った。みんな20人ぐらいで一斉に踊ってるのに足音が響かない!というかしない!!足先?足裏?が柔らかくて、最初バレエシューズで踊ってるのかと思ったくらい。でもポアントで立ってるし、あれ?ってよくみたらちゃんとポアント(当たり前だ)。レペットが優秀なんかしら。

で、主役でもあるライモンダ登場~。のはずが、これまたあれ?主役だよね?って思ってしまったくらいオーラがなく・・。おまけにソロで踊っても、コールドよりコトコト足音が響くし・・。テクニックはあるのかもしれないけど(その割には調子良くないのか?ってくらいジュッテが低く上体が引き上がってない感じ、足も開いてないし)、主役のオーラもそうだけど、演技力がないので「これが今のパリオペのエトワールか?」と疑問視してしまった。(2007年度からエトワールに昇格したらしい)
普通ライモンダってもっとキリッとしているというか、毅然な態度でアブデラムを拒否するのに、手を出されたら普通に受け取ってるし、キスされそうな時だけ嫌がっても、あんまり嫌がってるってかんじなかった。お前はドラベッラかよ。
まあ、ライモンダの予習に見たのが、ニーナ(1幕)、ギエム、ロパートキナ(3幕ヴァリ)、吉田都さん(3幕コーダ)だったので、コゼットには悪いことをしたかも。そりゃ負けるわ・・。

相手役のジャンは1幕チョロッと、3幕にもチョロッとで存在感なし。男のエトワール目当てで行ってたら切れるかもって言うくらい踊っている場が少ない。
アブデラムも胡散臭さがなくて、う~んというかんじ。ヌレエフ版にしたら男の踊りが少なすぎるのか?決闘の場面も変な馬のハリボテに乗って登場するし「ええ~、こんなんで終わり?」というくらいあっさりしてて、少しはロミジュリを見習って欲しいと思いました。
おまけに、コーダ、終幕と華やかに終わったのに、その後にライモンダとジャンのPDDが・・。ヌレエフ、何故にこの流れにする?

c0162882_541460.jpgカーテンコールで。みんなやばいくらい撮りまくってた・・。ので、ためしに撮ってみました。

全体的には1幕より2幕、2幕より3幕といった感じで、どんどんよくなったけど、なにしろ主役3人がイマイチピリッとしなくて不満でした。周りのパドカトル(ミリアンにはブラヴォーが出てた)とコールドのお陰でなんとか楽しめた印象。特に民族舞踊がよかった。

ちなみに一緒に行ってくれたバレエの先生をやっているMさんも、同じブースの日本人男性も、向かいのバルコニーに座っていたその家族(なぜかお父さんだけ別のバルコニーだった)も同じ意見だったので、パリオペに期待しすぎたかと思いましたがそうではなかったみたいで一安心。

次は何を見に行こうかな~。

↓ギエムの3幕ヴァリエーション。

[PR]
by remisara | 2008-12-31 05:46 | バレエ鑑賞
ルーヴル美術館のイスラム美術分野が2009年1月から閉鎖とパンフレットにあったので、よし閉鎖の前に見とくかと思って行くとすでに閉鎖されてました・・。ちぇ。よく見たら「2008年1月から」でした。

ということでこの間見てない、大好きなフェルメールの絵を見に行くことに。
c0162882_4363490.jpg

『レースを編む女』。
一生懸命レースを編んでいる様子が伝わります。
フェルメールは『青いターバンの少女(真珠の耳飾の少女)』が特に有名ですが、どれも写実的で光と影のコントラストが素晴らしい。2000年に大阪の市立美術館でやったフェルメール展で来てなかったので見たかった作品。
でも一番は『天秤を持つ女』が好きかなあ。部屋にポスター貼ってるし。


c0162882_4423082.jpg
リュシュリー翼3階の隅っこにあるので、見逃しそうなくらい。
絵自身も24×21cmという非常に小品なのでなおさら。
どのくらい小さいかというと←くらい。暗くて見にくいなあ・・。
絵があまりにも小さいので、額縁2重です。

c0162882_4431235.jpg
同じくルーヴル所有の『天文学者』はアトランタの美術館に貸し出し中。2009年2月に戻ってくる予定だそうで。その頃また見に来ようっと。

あ~それにしても、私も『ハンニバル』の看護助手とか、『こち亀』の両さんみたいに、フェルメールの絵「だけ」を全部見に行く旅行したいなあ。
江崎教授、両さんの代わりに連れて行って~!!(←かなり本気入ってます)

[PR]
by remisara | 2008-12-31 04:50 | 美術館・博物館
c0162882_5483271.jpg
これまた無料の美術館です。(企画展は有料)向かいのグラン・パレは有料ですが。

シャンゼリゼ大通りからすぐという立地。
入ると、受付のマダムにチケットをもらってから入館になります。もぎりの人もいて、最初無料じゃなくなったかと思って焦りました。

c0162882_5491343.jpg
元々は、万国博会場だったそうで、非常に広いです。2006年に改装したばかり。

天井も高くて窓から明かりが一杯入っていて明るい。天井画がすごいです。

入ってすぐは彫刻や陶器、ガラスなどの器など。

c0162882_5493034.jpg
c0162882_5494322.jpg


c0162882_5503837.jpg

モネの「ラヴァクールの日没」。
淡い色彩が綺麗です。

c0162882_5505437.jpg
なんでか、人物画の横に大量の写真が飾ってあります。
これがみにくいなあと思った。

なんだろこれ?わざと写真と絵画を対比させているのかしら?

c0162882_551882.jpg写真は有名人のポートレートが数多くあり、これは故ダイアナ妃の写真。何十枚とフィルムをつかって、その中で「これ!」と選んでるのが分かります(ペンでチェックされてる)。本当にちょっとした手の位置とか、目線が違うだけで印象が違ってておもしろい。自分だったらこっちのカットにするな~なんか思って見ると楽しいかも。
あとブラピやアンジェリーナジョリー、(たぶん有名な)俳優やモデルなんかも。
相撲の写真がなぜかありました。

c0162882_5512120.jpg
広いし、なにより作品と作品の間が広いので見やすかったです。

作品も絵画・彫刻・陶器・写真・宗教画なんか幅広くあって面白かったです。
しかしこれが無料か・・。

c0162882_5513468.jpg

Petit Palais -Musee des Beaux-Arts de la Ville de Paris

8e Av.Winston churchill
地下鉄1/13 Champs-Elysees Clemenceau下車
シャンゼリゼ大通りからすぐ。
[PR]
by remisara | 2008-12-28 06:20 | 美術館・博物館
c0162882_5112674.jpgルーヴル友の会カードも無事にゲットでき、ウキウキ片手に早速鑑賞に行ってきました。

とりあえずドノン翼から入館。

しかし広すぎる!ので、まあベタに有名所を見に行くことに。


c0162882_512779.jpg

「サモトラケのニケ」
ここは写真撮る人で一杯。

ニケとモナリザ、ミロのヴィーナスは案内板がでてました。

c0162882_5123685.jpg
モナリザは本当に特別にされてる感じ。

特殊ガラスやし、係員2人傍にいるし。二重三重ではなく十重ぐらいの人垣ができていて、とてもじゃないけど真正面からの鑑賞は難しそう・・。

朝一番が狙い目か?

c0162882_5125445.jpg
ダヴィンチ作「洞窟の聖母」。

この絵の後ろに暗号を書いたのね・・。
よくそんな暇あったよなあ。(@ダヴィンチコード)


c0162882_5132024.jpgc0162882_5135854.jpg

とにかく広すぎ!ここにはヒールで来てはいけない・・。
絵画や彫刻などの美術品だけでなく、美術館自身が巨大な美術品であるかのように、天井画・柱・床に至るまで細工がすごい!
でも所蔵も多いけど、展示も多すぎる!フランス絵画のあたりなんか、これでもか!とばかりに展示されすぎて見難い。もっと間隔をとってゆっくり見たいなと思いました。

c0162882_5143055.jpg

ん・・?あの白い点と人だかりは・・?



c0162882_5145552.jpg

「ミロのヴィーナス」でした。
ヴィーナスの腕は、軍神マルスの肩に腕を置いてる、ヘラの盾を持ってるなどの説があり、有力なのが林檎を持っているという説。しかし普通に腕があったら平凡な彫刻で、ここまで有名にはならんかったと思うなあ。不完全な方が美しいってのも芸術なんかしら。

c0162882_5152053.jpg

おまけ。

ヴィーナスのお尻。半ケツですが、美尻が拝めます。
是非後ろに回って鑑賞ください。

しかし絵画見すぎてお腹一杯・・。
[PR]
by remisara | 2008-12-27 05:45 | 美術館・博物館

ルーヴル友の会カード

ルーヴル美術館には様々な年間パスがあり、個人で年60Eで特別展もいけるカードがあるので作ってみました。(26歳以下だと青少年パスとかって15Eで済むけどね!)
本には郵送かネットでとあったので、先日(11月15日)ネットから申し込みしたけど、そのあと1ヶ月音沙汰ありませんでした・・。おかしいなあと思ってたけど、Nちゃん故障とかあって、「まあフランスだし」と悠長に構えてたら12月15日に1/3文字化け交じりのメールが来て「あなたのカード」「今日」「ポスト」らしきものが読めたので発送したかと安心してたらそれでも来ず・・。

さすがに堪忍袋の緒が限界だったので、ルーヴル美術館地下の『ルーブル友の会』に直接行ってみました。とりあえず、「先日ネットから申し込みしたけど届かない」「代金はクレジットで引き落とされている(11月20日付け!)」「届くまで仮のカードか再発行して欲しい」など必要と思われる文章を訳してメモに書き持参。

受付のマダムに片言フラ語で言うと、メールの印刷はある?と聞かれデジカメに写した画面を見せると突然笑い出し。
「これ私が出したメールよ。カード発送したけど、あなたのポストがないって帰ってきたの。これでしょ?」と出した封筒には私の名前が!
「あ、それ私の!」
「1月頭まで待って、それでも来なかったらもう一回メールしようと思ってたの」(←遅すぎ!)

もしかしたらカード作ってもらえるかと思って持っていった写真を早速貼り付けてもらい、
「じゃ、早速行ってきま~す」
「楽しんできてね~」
ということで、早速ルーヴル堪能してきました。
c0162882_4442520.jpg
←ルーヴル友の会カード。写真貼ってます。
封筒の消印をみたら、11月17日とフランスにあるまじき異例の速さで発送されててビックリ。でもなんで届かなかったか不思議。ちゃんと住所はあってました。
12月15日のメールはどうやら、「返却されてきました」というお知らせメールだった模様。

このカード、特別展もいけるし、チケット買う待ち時間いらないし、カードもっている人用入り口もOK、水・金の18時以降は同伴者も無料になるという優れもの。あとオルセーが団体割引料金になったり、ガルニエの見学も指定日は無料になるなど特典も盛りだくさん。常設9E・特別展11Eなので、6回行ったら元は取れる計算。来年11月15日までとりあえず通いまくって元を取ろうかと思ってます(一月半ロスあったし~)。

買う時は、是非直接窓口に行く事をおススメします~。(要写真)。
[PR]
by remisara | 2008-12-27 05:17 | 美術館・博物館
c0162882_417546.jpg25日はお友達の家でノエル会開催。「17時くらいから」ということだったので、17時10分に焦って行ったらみんな来てませんでした・・。

とりあえず、サラダとつまめる様にパンにパテやらチーズなんかをのせるのを作りながらビール。ダラダラのみながら待っていると、そろったのは19時前くらいで、みんなフランス時間になってます。

その後もスパークリング・ロゼ・白・ヴァンショーと呑みっぱなし・・。
食事の後もチョコケーキやらお菓子やら食べっぱなし・・。
ズボンがえらいことになってました。

c0162882_4223423.jpg→クリスマスなので丸トリです!シェフ(をしている子)がきりわけてくれました~。
楽しく過ごして、帰ったのは1時の門限5分前!いや~、危うく門閉められる所でした・・。

ちなみに24日も夜から夜中まで呑み食べしてます。ほぼ同じメンバーで。久々の鍋。しかも味噌。うまかったです~。

夕食4~5時間って、私食事時間フランス人になってますわ・・。

今度はお正月に雑煮パーティーですな。
[PR]
by remisara | 2008-12-27 04:27 | パリ生活

届きました、ミラコレ!

今日は学校がないので、朝から勉強して本読んでガイドブック見てたらお出かけもせずゴロゴロしてました。
夕方から下の談話室みたいな所でネットして部屋に戻ると、入ってすぐの所に小包が・・。マダム勝手に入ってました。オイオイ。引き出しがないので、棚に下着類置きっ放しやのに・・。

c0162882_5233932.jpg

なんでか、お願いしていないのに荷物を送ってくれました(ミチコが)。
荷物のメインは中央の「ミラノコレクション」!ちゃんと忘れず取りに行ってくれた模様。これお粉が本当に優秀です~。
おまけに6歳の甥っ子と4歳の姪っ子の手紙つき!あとはお菓子類が一杯入ってました。

でもねみっちゃん、折角送ってくれたけど、おかきはできたら小分けがいいです・・。あと袋ラーメンは鍋がないので当分無理です・・。

しかし、なんでまた本とか雑誌とか新聞が入ってないんよ・・。活字にかなり飢えてますです。
[PR]
by remisara | 2008-12-24 05:27 | パリ生活

街のノエル風景

c0162882_5422527.jpg
こっちはお正月よりも、クリスマス重視なので街はノエル一色になってます。
寮も学校もクリスマスの飾りつけしてるし、街もあちこちサンタがいます。

←駅近くのカフェのサンタ。



c0162882_550213.jpg
ツリーもプラスチック製もあるけど、普通のスーパーの前で生木売ってます。
「今年はこれにしようかねえ」みたいな会話をしてみんな買っていきます。

今、スーパー前はツリーか牡蠣なの海産物売ってることが多いです。


c0162882_5505444.jpg
Place d'Italie駅近くの「Italie2」内のツリー。白くてデカイ。

ここは広くてキレイ。いろんなお店が入っていておもしろいです。



c0162882_546244.jpg

ストラスブールの散策で見たビルのツリー。

パリもシャンゼリゼ通りやデファンスでノエル市してますが、ストラスブールに比べるとイマイチなかんじ。普通のアクセサリーとかオモチャが売ってました。
[PR]
by remisara | 2008-12-23 05:53 | パリ生活

Nちゃん再復活!!!

なんと、今回の日記、ご臨終したNちゃんから書いてます。
Nちゃん、不死鳥のごとく再復活しました!ってお前は美空ひばりか!

今朝、修理をお願いしていたお店から「直りました」と電話を頂き、「・・はあ?なんですと?」となってしまいました。

修理を請け負うようになって、その間に直せなかったパソコンはNちゃんともう一台だけらしく、その後もいろいろ試してくださっていたみたいで今回CPUを変えたら直ったという次第です。(古い機種なのでヤフーチャイナから入手されたらしい)
しかもバッテリーやXP立ち上げも復活!サービスでウイルスソフトも入れてくださってます。

みなさん、パソが故障したらピラミッド近くの「うらばす」さんにお持ちしてみてください!魔法使いがいますよ~!

いや~まさかの復活でビックリしましたが、母曰くモンゴルでも故障してあかんかと思ってたら直ったというので、彼女(Nちゃん)かなりしぶといみたいです。死亡宣告した後に復活するんやからかなりのツワモノです。

というわけで、お借りしていたH君とお別れし、リニューアルNちゃんでサクサク動かしてます!さあ、あと10ヶ月ちょっとがんばってくれ~!
[PR]
by remisara | 2008-12-22 05:17 | パリ生活